コンプレッサーの仕組み

コンプレッサーとは?

 

コンプレッサー(圧縮機)とは、私たちの身の回りにある空気(気体)を吸込み・圧縮した空気を空圧機器(エアツール)に供給する機械の事をいいます。

※圧縮機の本体のみをコンプレッサーという場合もあります
※圧縮機の本体のみをコンプレッサーという場合もあります

 

コンプレッサーを身近に考えると・・

 

自転車の空気入れ

自転車の空気入れを想像してください。
レバーを引き上げると空気を吸い込みます。そのレバーを下げるとホースから空気が出てきます。これは、吸い込んだ空気を空気入れのピストンにより押し出す為に空気の流れができるものです。

これがコンプレッサーの基本原理です。

 

 

圧縮の基礎

 

空気入れの出口を塞ぎ、吸い込んだ空気(大気)をピストンで押すと空気の体積が減少し、圧力が上がります。
これが圧縮という意味です。
圧縮された空気は元に戻ろうとするエネルギーを蓄えています。
空気入れに出口を付けると、ピストンで圧縮された空気は大気に放出されます。

圧縮の基礎

 

コンプレッサーの用途

 

上記で圧縮された空気を吐出するエネルギー利用して色々な空圧機器(エアツール)に仕事をさせる機械がコンプレッサーです。

空圧機器(エアツール)の例

・ブレーカー及びグラインダー・・・構造物を破砕する、削る等
・スプレーガン・・・・・・・・・・塗装
・エアシリンダー・・・・・・・・・生産設備の動力、組立工程、プレス機等

その他建設現場、工場など多様な現場で使用されています。

 

 

圧力について

 

圧力の表示方法には2種類あります。
真空(空気を抜いた状態)を基準として考えるのが絶対圧です。大気圧を基準として考えるのがゲージ圧です。
コンプレッサーの圧力はゲージ圧を表示します。
単位については、気圧 kgf/cm2、MPa(メガパスカル)などがあります。

正しくは表の通りですが、一般的には・・・

と考えて下さい。

 

コンプレッサーの吐出圧力について

 

標準仕様のコンプレッサーの吐出圧力は0.7MPaです。
コンプレッサーは吸い込んだ空気を約1/8に圧縮します。
その際の圧力は絶対圧(真空基準)で8気圧になります。

これをゲージ圧で表示すると7気圧になり、前項の考え方から計算式は次の通りとなります。

 

空気量について

 

ホームページやカタログに記載されている空気量は、コンプレッサーが1分間に吸い込む空気の量を表しています。

例えば、エンジンコンプレッサーPDS100Sの空気量は100CFMです。
CFMはft3/min(キュービックフィートパーミニッツ)の略です。
日本語では立方フィート毎分の事で下記のような関係性があります。

よって100CFMは

となり、PDS100Sの1分間に吸込む空気量は2.8m3ということがわかります。

 

空気量と選定

 

コンプレッサーを選ぶ際は、空気量と圧力を中心に考えますが、その他にはタイヤの有無、アフタークーラーの有無などを考えます。

空気量と用途(0.7MPa仕様の場合)

選定の際は、空気工具1台あたりに付き、カタログにある使用空気量の2~3割余裕を見た機種を選んでください。
一般的な空気量は下記の通りになります。

◯チッピングハンマー 0.4~0.8(m3/min)
◯ピックハンマー   0.7~1.0(m3/min)
◯ブレーカー     1.0~1.7(m3/min)
◯さく岩機      1.5~3.5(m3/min)

 

◇アフタークーラー仕様

アフタークーラー仕様のコンプレッサーでは下記の機材トラブルを解決できます。

※コンプレッサーが吸い込む空気に含まれる水分が原因


凍って動かない!

水が飛散して汚れる!

エアツールが動かない

 

※コンプレッサーの空気の温度が高いことが原因


熱くて持てない!

 

アフタークーラー仕様なら・・・

●圧縮機から出た高い温度の吐出空気をアフタークーラーで冷却し、温度を下げます。
●水分の除去も行います。
●水分を除去させ、結露させるため吐出空気には微量の水分のみになります。

 

コンプレッサーとは?

 

スクリュー式

閉されたケーシング内に雄雌一対のスクリュローターがかみ合っています。ロータの一端から歯型空間に吸込まれた空気を、ロータのかみ合いによって体積を減少して所定の圧力に圧縮し、反対側端面より吐出します。


生産ラインの中では最も多く採用されている種類になります。振動も静かで、中型クラスのコンプレッサーに適しています。

 

スクロール式

ケーシング内の、ケーシングとローター間の容積を変化させることで気体を圧縮します。
振動が各種仕様の中でも静かです。また小形クラスの中ではもっとも動力効率が高い種類になります。
 
 

レシプロ式

シリンダ内部をピストンの上下作用により、圧縮空気を吐出させます。
振動は構造上大きくなりますが、伝統的な作りのためメンテナンスが簡易で、安価になります。

また、大きく分けるとエンジンで駆動するタイプ(エンジンコンプレッサー)とモーターで駆動するタイプ(モーターコンプレッサー)の2種類になり、エンジンコンプレッサーは建設工事現場などで使用する屋外キュービクル型と工場設備用に分けられます。

 

 

コンプレッサーから吐出する空気には通常、水やオイルが含まれております。(オイルインジェクションタイプ)それらを含まないコンプレッサーの事を(オイルフリーコンプレッサー)と呼びます。

 

弊社では使用場所や用途に合わせて最適なコンプレッサーのレンタルをご提案いたします。
ご不明な点は弊社フリーダイヤルよりお問合せ下さい。

 

コンプレッサーレンタル本舗 住所

〒653-0044
神戸市長田区南駒栄町4-21

TEL

078-641-0401

FAX

078-641-0405

FAX
株式会社山忠商会 機械レンタル本舗 発電機レンタル本舗 ミストシャワーレンタル本舗 高所作業車レンタル本舗 山忠戦隊キカレンジャーパワフルフェア in KOBE 2018